自転車ロードレースの国内最高峰ツアー「Jプロツアー(JPT)」が10、11日の2日間、那須地区を舞台に初開催され、国内20チーム、約200選手がしのぎを削る。10日はJR那須塩原駅前特設コースで「第5戦・那須塩原クリテリウム」(52・9キロ)、翌11日は那須町で「第6戦・那須ロードレース」(106・5キロ)を行い、それぞれ初代王者が誕生する。地元優勝を目指す宇都宮ブリッツェン、那須ブラーゼンの戦いを展望する。

 那須塩原クリテリウムは同駅西口が舞台。駅前県道に設定した1周2・3キロのT字コースを23周走る。決勝は午後2時20分スタート。少人数での逃げが決まるか、集団スプリントの展開になる...    
<記事全文を読む>