5月20日の世界ボクシング協会(WBA)ミドル級王座決定戦で不可解な判定負けを喫したロンドン五輪金メダリストの村田諒太(31)=帝拳=が8日、東京都内の所属ジムで会見し「失ったものは何もないが、唯一得られなかったベルトを取ることに尽力したい」と現役続行を表明した。

 この日、ミット打ちなど本格的な練習を再開した。したたり落ちる汗を拭い、「ボクシングができるのは幸せ」と笑顔を浮かべた。今後の方針について、「試合を組んでもらえたら誰とでも全力でやるだけ」と語った。

 アッサン・エンダム(フランス)戦ではダウンを奪うなど優勢に見えたが、1-2の判定負け。採点は物議を醸し、WBAの会長は再戦を指示...    
<記事全文を読む>