日本オリンピック委員会の「オリンピック教室」が7日、群馬県高崎市の高崎吉井西中(三木富士夫校長)で開かれた。  飛び込みの選手として北京、ロンドンの両五輪に出場した中川真依さんが挫折や失敗から学ぶ姿勢や五輪の意義を説いた。

...    
<記事全文を読む>