世界ボクシング評議会(WBC)フライ級王座に就いた浦添市出身の比嘉大吾(白井・具志堅スポーツジム、宮古工高出)とジムの具志堅用高会長は9日、凱旋(がいせん)のため沖縄入りする。出身地の浦添市比嘉大吾後援会(荷川取悟会長)、高校時代をすごした宮古島市の白井・具志堅スポーツジム宮古島応援会(下地恵茂会長)主催による祝賀会やパレードなどが多彩に催される。

 浦添市後援会は9日午前11時半、那覇空港で比嘉と具志堅会長らを歓迎する。午後2時からは浦添市役所ロビーで市民栄誉賞授賞式を行い、午後7時からは那覇市のパシフィックホテル沖縄で祝賀会(参加はすでに締め切り)を開く。

 宮古島応援会は11日午後4...    
<記事全文を読む>