葉山町は7日、2020年東京五輪に向けて英国セーリングチームが葉山港を拠点に事前キャンプを実施すると発表した。ことし7月から10月にかけて選手や監督、コーチら最大50人が葉山入りする。五輪出場を前提にしたナショナルチームが県内でキャンプを行うのは初めて。英国チームは世界トップクラスの強豪で、町民との交流も積極的に進めていく考えだ。

  キャンプは7月上旬~8月上旬と10月上旬~下旬の2期間。英国王立ヨット協会は期間中、町内にある大同生命保険の研修施設全棟を借り受けて滞在する。同協会は7月4日に来日し、町と同社の3者で協定を締結する予定。町内には既に英国チームの競技用品などを運んだコンテナ...    
<記事全文を読む>