花巻市総合体育館を会場に国内で初開催されるハンドボールの第5回東アジアU-22選手権は男女とも日本を含め5カ国・地域が参加し、今月26日開幕することが決まった。

 東アジア連盟加盟の7カ国・地域から男女とも日本、韓国、中国、台湾、香港が参加する。男子は前回と同じ顔ぶれ、女子は香港が加わり前回より1チーム増えた。

 26日の女子日本-台湾で熱戦の幕を開け、7月2日までの6日間(6月29日は休息日)、1回戦総当たりで東アジア王者の座を争う。最終日の2日は男女ともに第1回から4連覇中の韓国と日本がぶつかる。日本は前回、男女ともに3位だった。

 各チームは22歳以下の16人で構成され、日本のメンバー...    
<記事全文を読む>