宮城県加美町は、薬莱山の麓にある「町総合交流ターミナル」に、ボルダリングが楽しめる設備を建設する。事業費3103万円を盛り込んだ一般会計補正予算案を、7日に開会する町議会6月定例会に提出する。

 ターミナル内の「小野田展示交流施設」を取り壊し、約300平方メートルのスペースを設け、クライミング用の壁や更衣室を整備する。国の地方創生拠点整備交付金を活用する。9月に着工し、来年3月完成を目指す。来年度は年間6000人の利用を見込む。

 展示施設は8月末に閉鎖する。仙台藩の重臣奥山家に伝わるよろいや掛け軸といった展示品は、宮崎支所などで分散保管する。

 町商工観光課は「スポーツクライミングは202...    
<記事全文を読む>