ラグビー・トップリーグ(TL)のヤマハ発動機は5日、フランス1部リーグのトゥーロンを退団する元日本代表FB五郎丸歩選手(31)とプロ契約を結んだことを発表した。

 ヤマハ発が日本人選手とプロ契約を結ぶのは8年ぶり。15年ワールドカップ(W杯)の活躍で日本ラグビーを盛り上げた五郎丸選手の復帰を追い風に、8月に開幕するTLで初優勝を目指す。

 同社は09年、世界同時不況の影響を受けてラグビー部の活動を縮小。10年度から日本人選手のプロ契約を廃止して社員選手中心の体制に移行した。社員契約だった五郎丸選手は昨年、退社してフランスに渡った。

 ヤマハ発は同選手のチームへの復帰をスムーズに行うため、プロ...    
<記事全文を読む>