第24回北國新聞社杯石川県選手権アイスホッケー競技会(3、4日・健民スポレクプラザアイスリンク=本社共催)後期の第9戦と最終戦が行われ、優勝決定戦となった最終戦で金沢サンダーバードが北陸大を7―4で破り、前期を合わせて8戦全勝で2年連続15度目の優勝を果たした。

 金沢サンダーバードは第1ピリオド36秒に加藤拓哉が先制シュートを決め、さらに小菅深志、阿部翔太、小菅、加藤がゴールを奪い、早々と5点の大量リードを得た。

 この後、王座奪還に燃える北陸大の追撃を受けたが、最後まで果敢な攻めを続けて3点差で逃げ切った。

...    
<記事全文を読む>