第46回日本男子ソフトボール西日本リーグ第2節最終日は4日、大阪市舞洲運動広場であった。ダイワアクト(佐賀市)は高知パシフィックウェーブに1-4で敗れたが、続く旭化成(宮崎県)戦では打線が奮起し、10-8で競り勝った。通算成績は6勝3敗。

 高知パシフィックウェーブ戦は0-0で迎えた五回、2死二塁から2番ニコラスの適時打で先制したが、その裏に守備が乱れ逆転を許した。続く旭化成戦は四回まで毎回得点の10得点。三回までに8点を失った先発アンドリューが立て直して接戦を制した。

 第3節第1日は9月2日、長崎県の諫早市なごみの里運動公園であり、ダイワアクトは午前10時から愛媛ウエスト、午後1時から...    
<記事全文を読む>