カナダ陸上競技連盟の関係者が4日、2020年の東京五輪・パラリンピックでの合宿候補地選びのため、岐阜市長良福光の岐阜メモリアルセンターを初めて視察した。

 訪れたのは、グレンロイ・ギルバート同連盟リーダーコーチとジャレッド・スチュワート・マクレード同連盟事業リーダーの2人。今回の来日に合わせ、香川県や兵庫県の競技場も候補地として視察している。

 2人は長良川競技場や補助競技場、トレーニング室を見て回り、「トレーニング室と競技場が離れている。器具を競技場に置くことは可能か」などと質問した。

 視察後、ギルバート氏は「トラックなどいずれもハイレベル」と評価。マクレード氏は宿泊施設から近い同センタ...    
<記事全文を読む>