【岩見沢、美唄】2020年東京パラリンピックの事前合宿誘致を進める岩見沢市と美唄市に9日、カナダパラリンピック委員会メンバーらが視察に訪れる。両市によると、海外からの合宿地視察は初めて。

 視察を行うのは同委員会スポーツ担当エグゼクティブディレクターのキャセリン・ゴッセリン―デスプレス氏(38)と、カナダウィルチェアー(車いす)スポーツ協会ハイパフォーマンスディレクターのアンソニー・ヴァンニュテジェム氏(51)らの一行。

 9日朝、市側は合宿誘致に向けて今秋からバリアフリー化などの改修を行うメープルロッジの概要を説明。練習会場となる道教育大岩見沢校第3体育館も案内する。一行は午後に美唄へ移...    
<記事全文を読む>