平均年齢93歳を超える鯖江市河和田地区の長寿4兄弟が4日、地区体育大会で60メートル走に挑む。4兄弟対決は2年ぶり2回目だが、1月に100歳を迎えた長男の年齢を考慮し、今回で最後になる。兄弟は「4人で一緒に走れるのは幸せ」と笑い、仲良く練習に励んでいる。

 四兄弟は長男の大森良一さん=片山町=と、いずれも河和田町に住む次男栄一さん(97)、四男白崎栄さん(90)、五男大森良作さん(88)。

 良一さんは、今も続ける社交ダンスで鍛えた足腰の強さが武器。

 毎日百回腕立て伏せをするという栄一さんは、マスターズ陸上男子砲丸投げM95クラス(九十五~九十九歳)の日本記録保持者だ。

 良作さんも元陸上選...    
<記事全文を読む>