県春季中学スポーツは2日、県武道館ほかで柔道、陸上などを行い、団体戦を行った柔道は協和がアベック優勝した。

 陸上は共通女子走り高跳びで渡辺里咲(わたなべりさ)(一条)が1メートル65、1年男子1500メートルで山口彰太(やまぐちしょうた)(足利二)が4分25秒86をマーク、それぞれ大会新記録で優勝した。

 剣道は男子団体戦で壬生が2年連続4度目の頂点。女子個人戦は高木日香留(たかぎひかる)(壬生)が初優勝した。

...    
<記事全文を読む>