長門市は2日、2019年のラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会と20年の東京五輪・パラリンピックに向け、トンガのナショナルチームが市内で事前合宿を行うと発表した。本年度中にトンガの皇太子と副首相が市を訪問し正式決定する見込み。

 市企画政策課によると、大西倉雄市長らが4月11日から2泊3日の日程でトンガを訪問。協議により、市内の俵山スパスタジアムでの事前合宿と皇太子らの来日が決まった。東京五輪・パラリンピックのホストタウン交流事業として、高校留学生や外国語指導助手の受け入れ、水産業の技術支援、姉妹都市提携などを進めることも合意した。

  トンガは世界ランキング13位のラグビー強豪国だが...    
<記事全文を読む>