大相撲の大関に昇進した高安関(27)=本名高安晃、土浦市出身=について、橋本昌知事は1日、県の魅力を全国に発信する「いばらき大使」に委嘱する意向を示した。橋本知事は定例記者会見で「(大関昇進は)本県出身者で8人目の快挙。県民が大変喜んでいる。優勝、横綱を目指してもらいたい」とした上で、「いばらき大使をぜひお願いしたい」と述べた。県広報広聴課によると、相撲界の同大使は、2006年6月の委嘱時に東前頭筆頭だった横綱稀勢の里関(30)=本名萩原寛、牛久市出身=など、これまで5人に依頼。橋本知事は「稀勢の里関と2人そろえば強力な広告塔になる」と期待した。高安関は173人目の大使になる見込み。

 (...    
<記事全文を読む>