2020年東京五輪・パラリンピックのサッカー会場となっている宮城スタジアム(宮城県利府町)について、宮城県が芝張り替えの工事請負費200万円を盛り込んだ17年度一般会計補正予算案を県議会6月定例会に提出することが1日分かった。3年間で総額約2億円を計上する見通し。

 本年度は芝を栽培する業者を選定し、種をまく作業に入る。18年春から1年以上かけて生育し、19年夏に芝を張り替える。養生期間を経て、改修は20年春に完了する見込み。

 宮城を含む都外7道県の五輪の仮設施設整備を巡っては、大会組織委員会が昨年12月、費用負担の原則を覆す可能性を示唆。県は負担の枠組みが不透明になったとして、17年度...    
<記事全文を読む>