田上町で4日、「日本一コースが短い」自転車の登坂レース「田上町ヒルクライム大会」が初めて開かれる。180メートルの坂を上り、着順を競う。主催者は「敷居が高いイメージがある自転車レースを気軽に楽しむきっかけになってほしい」と話す。

 一般社団法人みどり福祉会(田上町)の善養寺貴洋さん(49)が、住民に運動習慣をつけてもらい、健康を増進する取り組みの一環として企画した。

 自転車で山道を走るヒルクライム大会は数十キロに及ぶレースもある中、自転車愛好家の善養寺さんによると、これまでで最も短いのは神奈川県と秋田県で行われる大会の700メートルだった。今回はその4分の1程度だ。

 コースは町立羽生田野...    
<記事全文を読む>