ラグビーの釜石シーウェイブス(SW)RFCは1日、ロック高橋聡太郎(22)、WTB氏家柊太(22)、FB滝沢祐樹(23)の新加入3人を発表した。4月に発表した9人に加え、新戦力は計12人となった。

 3人とも新日鉄住金釜石所属。釜石市出身の高橋は新日鉄釜石で活躍した高橋善幸・釜石SW最高顧問の長男。釜石高から明大に進み、昨年は岩手国体にも出場した。親子2代で釜石のユニホームを着る。

 福島県いわき市出身の氏家は磐城高、同大でプレー。福島市出身の滝沢は福島高から早大に進み、昨年は神奈川タマリバクラブでプレーした。

...    
<記事全文を読む>