トランポリン競技の日本代表合宿が6月3日まで、磐田市の静岡産業大体育館で行われている。31日に練習が公開され、訪問した渡部修市長らに選手が演技を披露した。

 合宿は30日から5日間。リオデジャネイロ五輪6位入賞の伊藤正樹選手ら選手9人と指導者8人が参加し、6月23、24日に行われる世界選手権の最終選考会に向けた調整と、東京五輪を見据えた基礎体力の強化に取り組んでいる。浜松市の中田島砂丘などでもトレーニングを行うという。

 演技披露では選手が専用台の上で跳躍し、空中で回転やひねりを加えるなど、ハイレベルの技術を次々と見せた。渡部市長は「2020年に向け、けがのないように頑張ってください」と激...    
<記事全文を読む>