第50回全日本社会人ターゲットアーチェリー大会女子の部で2連覇を達成した佐藤真奈美(24)=テレビ大分=が31日、県庁を訪れ、工藤利明県教育長に優勝を報告した。

 大会は20、21の両日、広島県であった。佐藤は予選ラウンドを2位で通過。決勝トーナメントも順調に勝ち上がった。

 佐藤は「決勝戦は思うような展開ではなかったが、最後までペースを保つことができた」と報告。工藤教育長は「素晴らしい結果。今後とも頑張ってください」とねぎらった。2020年東京五輪の代表入りを目指す。佐藤は「今季の滑り出しは上々。愛媛国体、全日本選手権でも良い成績を出し、ナショナルチームに入りたい」と意気込んだ。
<記事全文を読む>