ゴルフの第40回県アマチュア選手権(岐阜新聞・ぎふチャン共催)最終日は23日、各務原市の岐阜カンツリー倶楽部(6806ヤード、パー72)で行われ、初日5アンダーでトップタイだった若原亮太(推薦)が、さらに五つスコアを伸ばし、通算10アンダーの134。36ホールストロークプレーで競われた同大会の歴代最少スコアを更新し、4年ぶり2度目の制覇を果たした。

 若原は前半アウトで3バーディーを奪った。インでも堅実なゴルフでパーセーブを重ね、パー5の16番とパー4の17番で連続バーディーを決め、勝負を決めた。昨年優勝の今野大喜(恵那峡)は2位。12番を終えトップと1打差まで迫ったが、その後連続ボギー...    
<記事全文を読む>