第35回全国都道府県対抗アマチュアゴルフ選手権の静岡県代表選考会決勝(県ゴルフ連盟、静岡新聞社・静岡放送主催)は13日、袋井市の葛城ゴルフ倶楽部山名コース(6960ヤード、パー72)で開幕した。

 初日首位は5年連続6度目の全国切符を狙う中跡(なかと)朝臣(富士宮GC)と、阿部和生(ホロンGC)が2オーバーで並んだ。1打差で小林一三(リバー富士CC)、松浦安洋(静岡市)、田京秀一(伊東市)の3人が3位タイにつけている。

 シードと予選通過者の100人が出場した。2日の36ホールストロークプレーで、10月の本大会(宮崎)代表3枠を争う。

 ■“静岡勢”奮闘 県代表3枠を懸け、混戦の様相を見せた...    
<記事全文を読む>