今季限りでの引退を表明した宮里藍が表明後初戦となるサントリーレディスオープンゴルフトーナメントに出場し、26位で大会を終えた。積極的に攻めた最終日は二度のチップインバーディーが飛び出すなど、鈴なりの観客が見つめる中、研ぎ澄まされた集中力の高さを見せつけた。「感謝の気持ち」を示した大会は笑顔あり、涙あり、感謝ありの“藍ちゃんフィーバー”に沸いた。8日から11日までの4日間で、大会史上最多の3万4750人の観客が会場に足を運んだ。「ウチナーンチュとしてここまで頑張ってきた」。沖縄について「ずっと大事な存在」と語る。小柄ながらも、努力したからこその「なんくるないさ精神」に支えられ、荒波を乗り...    
<記事全文を読む>