国内女子プロゴルフのサントリーレディスオープンは11日、兵庫県の六甲国際GCで最終日が行われ、今季限りでの現役引退を発表した宮里藍は、5バーディー、4ボギーの通算2アンダー、26位で大会を終えた。

 前半はボギーが先行する苦しい内容となったが、折り返しの10番でバーディー奪取に成功すると、12番ではグリーン横のバンカーから3打目をチップインバーディーとするなど、後半3バーディーと気を吐いた。

 最終18番では超満員のギャラリーを前に深々と一礼をした宮里はパーセーブで締めくくると、抑え込んでいた気持ちがあふれ、涙した。宮里は「自分のゴルフ人生を振り返ってみても一生記憶に残る1週間だった」と声...    
<記事全文を読む>