サントリー・レディス最終日(11日・兵庫県六甲国際GC=6538ヤード、パー72)首位で出たキム・ハヌル(韓国)が通算15アンダー、273で今季3勝目を挙げ、賞金1800万円を獲得した。今季限りでの現役引退を表明した宮里藍はスコアを一つ伸ばし、通算2アンダー、286の26位で終えた。

 首位と1打差の2位に堀琴音、さらに3打差の3位にテレサ・ルー(台湾)が続いた。5位で出た山城奈々(沖縄・浦添高出)は3バーディー、3ボギーの72で回り、通算10アンダーで辻梨恵とともに4位。川満陽香理は5アンダーで18位、大城さつきは4アンダーで19位だった。(出場66選手=アマ4、曇り、21・4度、南の...    
<記事全文を読む>