今季限りでの現役引退を表明している女子ゴルフの宮里藍選手(31)が8日、神戸市北区の六甲国際ゴルフ倶楽部で開幕した「サントリーレディースオープン2017」(神戸新聞社など協力)の初日に臨んだ。引退表明後の初戦は、大会初日では過去最多の観衆6735人。神戸のファンから喝采を浴びた宮里選手は「『頑張れ』ではなく『ありがとう』という声が多くて、すごくうれしかった」と感謝した。

 平日にもかかわらず、スタートから多くのギャラリーに囲まれ、「(最終日の)日曜日の景色を見ているようだった」と宮里選手。17番ではバーディーチャンスでロングパットを沈めて声援に応えた。

 国内でのプレーは今大会が最後の可能...    
<記事全文を読む>