ヨネックス・レディース最終日を通算5オーバーの40位で終えた若林舞衣子(加茂市出身)。輝く太陽の下で、「らしさ」の一端を取り戻した。通算5オーバーのフィニッシュには「申し訳ない」と恐縮したが、この日は連続バーディーなどで見せ場もつくった。

 スタートの10番はバンカーにつかまるなどして、ボギー発進。前半は低温による体の冷えもあり、不安定なショットでスコアを落とした。だが後半は気温の上昇と共に「振れるようになってきた」。

 スイングの改善は、パットにも好影響をもたらす。「いいパーを重ねていったら、バーディーが取れた感じ」。後半5、6番は1メートル弱、5メートルを沈め、連続バーディーでギャラリ...    
<記事全文を読む>