ゴルフのトヨタ・ジュニアワールドカップ(13日開幕・愛知県中京GC石野)に、滝川第二高2年の古江彩佳が出場する。ジュニア女子日本代表の一員として「開催国なので団体で優勝したい」と意欲十分。日の丸を胸に健闘を誓う。

 身長152センチと小柄ながら、正確なショットを武器に神戸市立長田中時代から全国トップレベルで活躍。3年時には全国中学選手権で優勝し、今春の全国高校選手権春季大会では2位に入った。

 実績を重ね、日本ゴルフ協会のナショナルチームに選出され、今春以降、豪州、中国で開かれた国際大会に出場。国内のトップジュニアに成長したが、古江自身は「2日間、3日間の大会では、必ず1日は崩れてしまう。...    
<記事全文を読む>