洞爺湖や羊蹄山麓周辺を舞台とする「北海道トライアスロン」が8月20日に開かれる。昨年、胆振と後志両管内10町村などが実証実験を行い、開催に向け準備を進めていた。コースは洞爺湖を発着点とする合計162キロ。道内外の約300人の出場を見込んでいる。  主催は洞爺湖、豊浦、壮瞥の3町と後志管内の真狩、留寿都、喜茂別、京極、倶知安、蘭越、ニセコの7町村などで構成する実行委員会(実行委員長・真屋敏春洞爺湖町長)で事務局は洞爺湖町に置く。

 同地域では2013(平成25年)から3年間、国際大会「アイアンマン・ジャパン北海道」が開催されていたが、主催企業の赤字を主な理由に16年から休止。実行委は観光振...    
<記事全文を読む>