神戸マラソン実行委員会の2017年度第1回総会が28日、神戸市中央区の兵庫県公館であった。コース変更などの説明のほか、ポートアイランドのコンテナヤードで発見された強毒性の特定外来生物「ヒアリ」への対策も確認。新たに会長に就任した西川公明・兵庫陸上競技協会会長は「多くの市民の健康と、被災地の復興に貢献するとともに、国際的な大会にするため取り組んでいきたい」と抱負を語った。

 国際陸上競技連盟(IAAF)は世界の主要なロードレースを3段階でランク付けしており、国内では東京や福岡国際など「ゴールドラベル」に5大会、大阪国際女子など「シルバーラベル」に3大会、「ブロンズラベル」は長野だけが認定さ...    
<記事全文を読む>