箱根駅伝で活躍し「山の神」と呼ばれた元陸上選手の柏原竜二さん(27)が26、27の両日、川崎市消防局の人材育成研修で講演し、駅伝で発揮した「チーム力」を伝授した。東洋大学時代を振り返り、エースと主将を担った経験から、チームで助け合うことの大切さを語った。

 柏原さんは中学から陸上を始め、大学に入り、箱根駅伝では山上りの5区で4年連続区間賞を獲得し、3度の総合優勝に貢献した。卒業後は富士通陸上競技部で5年間活動し、今年3月にけがを理由に現役を引退。現在は同社総務部のスポーツ担当として勤務し、アメリカンフットボールの富士通フロンティアーズのマネジャーも務めている。

 講演では、大学時代のエピソ...    
<記事全文を読む>