日本陸連は26日、8月の世界選手権(ロンドン)代表として、男子短距離は日本選手権の2種目制覇で既に決まっていた18歳のサニブラウン・ハキーム(東京陸協)に加え多田修平(関学大)ケンブリッジ飛鳥(ナイキ)飯塚翔太(ミズノ)らを選んだ。

 代表選手7人が登壇する中、記者会見の主役は多田だった。代表ユニホームのお披露目ではサニブラウンとともにカメラのフラッシュを浴び、報道陣から幾重にも取り囲まれた。初めて日の丸を背負う新星は「100メートルは最低でも準決勝に進む。リレーメンバーに選ばれたら金メダルを目指す」と宣言した。

 ライバルに前世界記録保持者のアサファ・パウエル(ジャマイカ)を挙げた。今年...    
<記事全文を読む>