日本陸連は26日、8月の世界選手権(ロンドン)代表として、男子短距離は日本選手権の2種目制覇で既に決まっていた18歳のサニブラウン・ハキーム(東京陸協)に加え多田修平(関学大)ケンブリッジ飛鳥(ナイキ)飯塚翔太(ミズノ)らを選んだ。7月下旬以降に出場できるかが決まるリレーは、男子400メートルで桐生祥秀(東洋大)と藤光謙司(ゼンリン)が候補。

 堺市内で同日開いた理事会で、サニブラウンや男子棒高跳びの山本聖途(トヨタ自動車)ら日本選手権優勝で代表入りを決めていた選手を正式に承認し、新たに女子長距離の鈴木亜由子(日本郵政グループ)らを選んだ。混成は男子の中村明彦と右代啓祐(ともにスズキ浜松...    
<記事全文を読む>