みなと酒田トライアスロンおしんレースが25日、酒田市の酒田北港付近で開かれ、全国から集まった“鉄人”たちが自らの体力の限界に挑んだ。

 総距離は51.5キロ(スイム1.5キロ、バイク40キロ、ラン10キロ)で、エイジ(一般)、リレー、スプリントの各部門に計387人がエントリーした。ニュージーランドのトライアスロン選手で、2014年世界ジュニアアクアスロン選手権優勝者のカイル・スミス選手(19)も出場。爽やかな空気に包まれ、選手たちは沿道からの声援を受けながら水泳、自転車、ランニングの競技に次々と挑戦した。

 市民有志らでつくる実行委員会が主催し、32回目。

...    
<記事全文を読む>