第16回尚巴志ハーフマラソン大会in南城市(主催・同実行委員会、南城市、市体育協会 共催・沖縄タイムス社、琉球放送)が11月5日午前9時から、沖縄県南城市のシュガーホールを主会場に開催される。安全祈願と記者発表が26日、同市の佐敷上グスクで開かれ、大会実行委員会会長の古謝景春市長が発表した。

 古謝会長は「西日本最大級のハーフマラソン大会であり、市の豊かな自然や歴史を感じてほしい。多くのランナーに応募してほしい」と参加を呼び掛けた。

 ハーフマラソンの部(21・442キロ)は定員7千人で高校生以上、3キロの部は同1500人で小学生以上が参加できる。

 申し込みは6月30日から8月10日まで。...    
<記事全文を読む>