陸上の世界選手権代表選考会を兼ねた、第101回日本選手権第2日は24日、大阪市のヤンマースタジアム長居で行われ、男子400メートル障害で、前日の予選で世界選手権参加標準記録(49秒35)を破った鍜治木崚(城西大、鳥取中央育英高出)は50秒01の4位。代表は49秒32で優勝した安部孝駿(デサント)に決まった。

 女子400メートルで昨年優勝の青山聖佳(大阪成蹊大、松江商高出)は54秒98で6位に終わった。男子やり投げは新井涼平(スズキ浜松AC)が4連覇し、小椋健司(日大、倉吉総合産高出)が自己新の76メートル16で3位、高力裕也(鳥取陸協)は73メートル62で6位に入った。青山 女子400...    
<記事全文を読む>