廿日市市で25日にある「はつかいち縦断みやじま国際パワートライアスロン大会」(中国新聞社特別協力)の開会式と前夜祭が24日、同市大野の中国新聞広島制作センター(ちゅーピーパーク)であった。選手や市民ボランティア計約千人が参加した。

 開会式で大会実行委員会の竹内昇大(のりお)委員長が「日頃の練習の成果を存分に発揮してほしい」と激励。個人の部に出場する今大会最高齢の中田浩司さん(74)=愛知県豊橋市=が競技仲間3人と「世界遺産の島をスタートするのを楽しみにしてきた。無事に完走できるよう頑張る」と宣誓した。

 続く前夜祭で、国内トップ選手が集うエリートの部に出る男女計7人が紹介された。広島県ト...    
<記事全文を読む>