陸上の世界選手権代表選考会を兼ねた日本選手権第2日は24日、大阪市のヤンマースタジアム長居で行われ、男子1500メートルは住友電工の遠藤が2位。福島・学法石川高の3年生だった昨年は4位で、優勝を狙っていた新鋭は「表彰台は最低限の目標だった」と悔しがった。

...    
<記事全文を読む>