りゅうぎん総合研究所(照屋保社長)は23日までに、第32回NAHAマラソン(2016年12月)の経済波及効果が約19億7800万円だったと発表した。大会参加者は約2万6600人で、経済波及効果は前回調査(第25回大会=09年)より約2億9500万円増加した。同研究所は「県外からの参加者の消費が全体を押し上げた」と分析した。

 大会参加者の内訳は、県内が約1万5400人、県外(国内)が約1万人、海外が約1200人だった。経済波及効果を産業別で見ると、最も大きかったのは宿泊業の3億400万円だった。次いで商業が2億9900万円、運輸業が2億800万円、製造業が2億500万円、飲食業が1億88...    
<記事全文を読む>