陸上の世界選手権代表選考会を兼ねた、第101回日本選手権が23日、大阪市のヤンマースタジアム長居で開幕し、男子ハンマー投げで倉吉北高出身の柏村亮太(ヤマダ電機)が71メートル36で快勝し、2連覇を果たした。山陰両県関係でこのほか、女子走り高跳びで寺谷諭美(筑波大、倉吉東高出)が1メートル74で4位タイ。男子の棒高跳びは、ともに5メートル40で来間弘樹(順大、大社高出)が6位、澤慎吾(日大、同)が8位だった。

 女子400メートルで連覇を狙う青山聖佳(大阪成蹊大、松江商高出)は予選2組53秒61の2着で、24日の決勝へ。男子の400メートル障害予選で、鍜治木崚(城西大、鳥取中央育英高出)は...    
<記事全文を読む>