陸上の世界選手権代表選考会を兼ねた日本選手権第1日は23日、大阪市のヤンマースタジアム長居で行われ、女子走り幅跳びは高良彩花(園田高)が6メートル14で23年ぶりの高校生女王に輝いた。

 報道陣からのライトを浴びた16歳はまぶしそうに目を細め、はにかんだ。女子走り幅跳びで23年ぶりに高校生覇者となった高良は「びっくりしてます」と目を丸くした。

 想像以上に体がよく動いたという。2回目に6メートル14をマークし、首位に躍り出た。追い、向かい、と変化する風への対応に腐心したが、風がやむのを心を落ち着けて待つことができた。リズムをつかんだ瞬間だった。

 その後も自分の記録を上回る選手が出てこない。...    
<記事全文を読む>