豊かな自然が広がるサロマ湖畔を駆け抜ける「第32回サロマ湖100キロウルトラマラソン」(道陸上競技協会、北海道新聞社など主催)が25日に開かれる。島根県を除く46都道府県のほか、台湾在住者の計4121人がエントリー。完走を目指して限界に挑戦するレースが幕を開ける。1998年大会を6時間13分33秒で制し、100キロロードで世界記録保持者となった砂田貴裕さん(埼玉県)が19年ぶりに出場する。

 参加者の内訳は100キロの部は男子3021人、女子547人。50キロの部は男子342人、女子211人。最高齢は男性が84歳の加藤哲朗さん(美幌町)、女性は79歳の竹井久美子さん(帯広市)で、いずれも...    
<記事全文を読む>