世界選手権(8月、ロンドン)の代表選考会を兼ねる日本選手権は23日に大阪市のヤンマースタジアム長居で開幕する。注目は男子100メートル。桐生祥秀(東洋大)、山県亮太(セイコーホールディングス)、ケンブリッジ飛鳥(ナイキ)の3選手は22日、会場で練習し、記者会見を行った。20歳の新鋭・多田修平(関学大)も既に世界選手権の参加標準記録(10秒12)を突破しており、代表3枠は混戦模様。23日に予選、準決勝、24日の決勝で日本一が決まる。

 「4人のハイレベルな争いになる」。記者会見で桐生、山県、ケンブリッジが口をそろえた。昨夏のリオデジャネイロ五輪代表の「3強」から「4強」へ。しかし、世界選手...    
<記事全文を読む>