陸上の全日本大学駅伝関西選考会が18日、西京極陸上競技場で12校が参加し、1万メートルの各校上位8人の合計タイムで順位を競った。立命大が4時間5分8秒10で2位となり、17大会連続29度目の本大会(11月5日、名古屋市-三重県伊勢市)出場を決めた。京産大は4時間6分0秒80で3位に入り、5大会連続45度目の出場。1位は関学大だった。

 上位3校が本大会の出場権を獲得。関学大と立命大の上位2校は出雲全日本大学選抜駅伝(10月9日)に出場する。

...    
<記事全文を読む>