東日本大震災からの再生をスポーツの力で後押しする第3回いしのまき復興マラソン(石巻市、市体育協会、河北新報社など主催)が17、18の両日、石巻市で行われる。震災から6年3カ月が過ぎた最大被災地で、全国から集うランナー約1500人が地域の未来に思いを寄せて駆け抜ける。

 今年は第1回大会に実施したウオーキングの部が復活する。エントリーした126人が17日午前10時に石ノ森萬画館を出発し、震災で甚大な津波被害を受けた湊地区や門脇地区など旧北上川河口周辺を巡る。

 コース沿いでは堤防整備や津波復興祈念公園整備事業などの復興工事が進む。休憩ポイントの災害公営住宅では、東北地方整備局北上川下流河川事...    
<記事全文を読む>