日本学生個人選手権第2日は10日、神奈川県のShonanBMWスタジアム平塚などで行われ、男子100メートル準決勝で多田修平(関学大)が追い風4・5メートルの参考記録で9秒94をマークした。追い風は2・0メートルを超えると記録は公認されない。追い風1・9メートルの決勝は日本歴代7位に並ぶ10秒08で優勝。8月の世界選手権(ロンドン)の参加標準記録を突破した。

 男子100メートルで100分の1秒までを表示する電気計時の9秒台は国内のレースでは日本勢初。過去には米国で2015年3月に桐生祥秀(東洋大)が追い風3・3メートルで9秒87、ケンブリッジ飛鳥(ナイキ)が今年4月に追い風5・1メート...    
<記事全文を読む>