第3回信州安曇野ハーフマラソン(長野県安曇野市などの実行委員会主催、信濃毎日新聞社共催)は4日、安曇野市の豊科南部総合公園を発着点に開いた。ハーフマラソンの部(21・0975キロ)とファミリーランの部(2キロ)に、ともに過去最多の5182人、282組627人が出場。残雪の北アルプスを望む緑鮮やかな安曇野で爽やかな汗を流した。

 ハーフの部は「世界かんがい施設遺産」に登録された農業用水路「拾ケ堰(じっかせぎ)」沿いを駆け抜けた。手旗を振って沿道に立つ市民らの声援を受け、これまでで最多の5087人が完走した。

 ハーフ男子で3連覇した茅野市職員の牛山純一さん(33)は「涼しく、走りやすかった」...    
<記事全文を読む>