太田、桐生両市の八王子丘陵を走る「2017上州八王子丘陵ファントレイルin OTA」(太田青年会議所主催、太田市、上毛新聞社共催)は4日、太田市北部運動公園を発着点に行われ、距離や累積標高の異なる3コースに群馬県内外の計1039人が参加した。

 ロングの部(24キロ)男子は牛田美樹(大泉)が1時間58分47秒と開催3度目で初の2時間切りを達成した。同女子は川崎恵子(横浜)が2時間56分52秒で2連覇。ハーフの部(11キロ)男子は本田勝也(吉岡)が51分10秒で優勝し、同女子は鈴木礼子(太田)が59分07秒で2連覇した。ペアの部(3.1キロ)は丸山哲史、敬大の親子(館林)が14分30秒で...    
<記事全文を読む>