不惑を過ぎた44歳で陸上競技に挑戦し、12年目のことし4月に開催された中高年世代の国際大会で、2個の金メダルを獲得した男性がいる。予備校講師で平塚市河内の杉崎和彦さん。節制と自己研さんを重ねてきた55歳は「親たちが生き生きとすれば世間も明るくなるのでは。その先陣を切って示したい」と話し、これからもひた走ることを誓う。

  ニュージーランドのオークランドで、4月下旬に開かれた生涯スポーツの世界大会「ワールドマスターズゲームズ」の陸上競技大会。杉崎さんはM55(55~59歳)の100メートル障害、400メートル障害を制したほか、銀メダル二つ、銅メダル二つも手にした。

  高校時代の100メート...    
<記事全文を読む>